チラシをネットで安く作る

印刷機

用紙選びで仕上がりが変わる

ネットの格安チラシ印刷を利用するなら、まずは用紙選びからはじめましょう。チラシ印刷用紙にはたくさんの種類があり、選び方ひとつで仕上がりがかなり変わるからです。本来は実際に手に取ってみてみるのが一番ですが、せっかくネットでスピーディーに格安チラシ印刷をするのですから、いちいち紙のサンプルを取り寄せていては時間がもったいないです。ある程度の知識があれば迷わずに選べるようになりますので、まずはここでしっかり格安チラシ印刷用紙について学んでおきましょう。まず用紙の種類ですが、最初は大きく分けて3つ、光沢紙とマット紙、上質紙を知っておけばよいでしょう。光沢紙はコート紙ともいい、つやのあるツルツルした加工紙です。写真や色を多く入れたいときや、折込チラシに適しているでしょう。一方でマット紙はつやを消す加工がしてあり、色はくすみがちですが逆に落ち着いたイメージになります。名刺や会社案内に使われることが多いですが、実はイラストを入れたいときにはマット紙のほうが向いています。上質紙は普通紙ともいい、一般的なコピー用紙に近く高級感はありませんが、鉛筆で書き込めるのでアンケートをつけたり文字情報の多いチラシに用いると相性がよいでしょう。また、用紙には厚さがありますが、これは斤量(重さ)で表現されることも覚えておきましょう。一般的には70kgが使われますが、イベントのフライヤーなどしっかりさせたい場合は90kg、カタログなどであれば110kgが選ばれることが多いです。格安と言っても紙の質や厚みによって価格は変わり、加工が多く厚みやサイズが大きくなればなるほど高くなります。何を印刷したいか、そのチラシをどう使いたいかを考えて、用紙を選ぶのが正解です。

Copyright© 2019 料金の安さと評判の良さを重視して選ぶことが大事 All Rights Reserved.